ウォーターサーバーの契約量の目安は?

by author



ウォーターサーバーを選ぶ時に悩むのがひと月あたりの水の契約量。


つまり、ひと月にどれくらいの水を購入するかです。
業者によって水ボトルの容量も違ってきます。

大体ボトル1本につき12リットルから8リットル程度を目安と考えましょう。

成人が1日に必要な水分はおよそ2リットル。

家庭でウォーターサーバーから使う水の量を1リットル程度と考えれば、一人暮らしの場合なら、30リットルもあれば充分に足ります。


もちろん飲むだけでは余るので、炊飯や料理にもどんどん活用する必要があります。

ウォーターサーバーの様々な情報を掲載しています。

当然ですが、家族が多ければ多いほど必要な水の量は多くなります。
業者にもよりますが、水ボトル1本あたりの値段は1000円から2000円。



これにウォーターサーバーのレンタル料金、水の送料、メンテナンス料金、電気代を合わせた額がウォーターサーバーにかかる一ヶ月の費用です。

月に2本も3本も契約するのは予算オーバーという場合は、もちろん少なめで契約します。

ただひと月に2本以上契約した場合、水の送料やサーバーのメンテナンス費用などの維持費が格安あるいは無料になる業者もあります。



1本だけ契約するよりも、2本以上契約した方が総合的に見てお得になるなら、2本契約する方法も良いでしょう。


追加で水ボトルを注文することもできますので、水が余ってしまうのが嫌な人は、少なめに契約して足りなければ追加注文という形もおすすめします。

お得においしくて安全な水を飲みましょう。